戸建てとマンションのどちらが将来高く売れるの?

不動産は一生に何度も買うものではないので、購入前は悩みますよね。
特に戸建てかマンションかはそれぞれにメリット・デメリットがあるため、簡単には判断できません。

この記事では、売りやすさや将来的な資産価値に注目して、戸建て・マンションを徹底比較します。
不動産購入に関して戸建てかマンションか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

利便性が高く買い手がつきやすいのはマンション

マンションの特徴は、利便性が高いことです。都心部や駅近には多くの高層マンションが立ち並び、戸建ての割合は低いですよね。
最近の駅近のマンションの中には駅直結の物件もあり、雨の日も濡れる心配がありません。

利便性の高さから、通勤や通学を重視する層にはマンションが人気です。

また、マンションの多くは汎用性の高いデザイン・間取りになっています。
家族の人数や住みやすさを考慮して、そもそも設計段階から買い手がつきやすいかどうかを重視して建てられているのです。

将来的な売りやすさを考えたときに、万人受けするマンションは戸建てよりも有利だといえるでしょう。
戸建てはどうしてもファミリー層が中心で、若い夫婦や老夫婦の場合、戸建てが選択肢に上がることは多くありません。
マンションであれば、幅広い層が購入を検討する分、買い手がつく可能性が高くなります。

セキュリティを重視する人にとっても、マンションは魅力的です。
犯罪件数が大きく変動することはないとすれば、今後もセキュリティ重視の風潮はしばらく続くでしょう。

防犯カメラつき、警備員在中、オートロックといったマンションの高い安全性は、買い手のつきやすさにも直結します。

立地がよければ戸建てでも高く売れる

戸建ては地価や面積の関係から、住宅地など駅から離れた静かな場所に建てることが多いです。
利便性の面ではマンションに劣る戸建てですが、戸建てには戸建てのよさがあります。

まず第一に、土地があるという点です。
マンションでも土地を区分所有することになりますが、持ち分を他の住人と共有する形で、戸建てのように土地を丸ごと所有するわけではありません。
長く住めば、マンションにしろ戸建てにしろ建物部分の資産価値というのは自然と落ちていきます。

しかし、土地は年月によって資産価値が落ちることはありません。景気によって地価に多少の変動はありますが、大きく周辺環境が変わったりしない限りは、一定の価値が維持されます。

売却以外にも、土地を活用するという選択肢も増えることから、将来的に土地が残ることは大きなメリットといえるでしょう。

戸建ての場合、マンションに比べて資産価値が落ちやすいとよくいわれます。しかし、修繕などの維持管理をきちんとすれば、戸建ての劣化はある程度防ぐことができます。
定期的にメンテナンスされた魅力的な戸建てであれば、買い手がつく可能性は十分あります。

戸建ての買い手がつくか否かは立地にも左右されるため、将来売却することも考えるなら、人気のある地域を選ぶ方が安心かもしれません。
日本では長い間、戸建て購入といえば新しく建てることが一般的でした。

しかし、最近は空き家対策やコストなどさまざまな面から、中古住宅の購入を後押しする政策がとられています。
中古住宅の購入が今後世間的にもっと一般的になっていくことを見越して、戸建てを選択するのも一つかもしれません。

売却時期によって戸建てかマンションかを決める

マンションは、築浅であれば利便性のよさから資産価値が比較的安定します。
しかし、築年数が経過すると一気に資産価値が下がる傾向があります。

マンションの場合土地もないため、資産価値が下がると購入時とはかけ離れた金額で手放さざるを得なくなるでしょう。

戸建ての場合、短期的に見るとマンションよりも資産価値が早く下がり始めます。
しかし、建物の価値が失われても土地が残ります。

また、メンテナンス次第では建物の資産価値も維持することができるでしょう。

目安として、20年以内に手放す予定があるなら、マンションの方がおすすめです。
20年以上経って売る予定なら、戸建てにして土地も所有しておく方がいいでしょう。

戸建てであれば、将来的に売却だけでなく土地の活用も検討することができます。

まとめ

戸建てとマンションの売りやすさについて、将来的な資産価値も踏まえて比較しました。
戸建てかマンションかを決めるポイントは、通勤通学・地域・防犯性などさまざまです。

生活や住みやすさに直結する判断軸ももちろん大切ですが、購入前には将来の売りやすさや資産価値にも注目し、慎重に判断するようにしましょう。