良い物件をお得に安く買えるかどうかは不動産業者が鍵を握る!

不動産は一生ものの買い物だとよくいわれます。
不動産会社を選ぶなら、熱心できちんとアドバイスをくれるところを選びたいですよね。

この記事では、地域密着と大手不動産会社のメリット・デメリットを詳しく解説します。

また、広告やおとり物件など不動産会社を選ぶうえで注意したいポイントも紹介するので、不動産会社を探している方はぜひ参考にしてください。

地域密着型と大手不動産会社のメリット・デメリット

駅前に複数の不動産屋があるのを目にすることも多いですよね。
たくさんある不動産会社ですが、具体的には何が違うのでしょうか。

不動産会社は、主に地域密着型と大手の2種類に分けられます。

地域密着型はその地域に拠点を持つ不動産会社で、大手は全国に拠点を持ち幅広く事業を営む不動産会社です。

地域密着型と大手不動産会社のどちらがいいかは一概にはいえません。

不動産を購入するときに重視するポイントによっても異なります。まず、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

地域密着型の不動産会社の魅力は、地域に対する深い理解です。

地域に太いパイプを持つ地域密着型の不動産会社の紹介で、思わぬいい掘り出し物件に出会えることもあるでしょう。

また、大家さんとの付き合いも長いため、価格交渉などで大手よりもいい条件を出してくれることが多いのも魅力です。

地域に根ざした不動産会社であれば、不動産購入後に何かあったときも相談に乗ってもらいやすいでしょう。

大手不動産会社の魅力は、物件数が多くサービスの質が高いことです。

対象エリアも広く物件数も多いことから、さまざまな物件を比較検討して決めたい方におすすめです。また、大手不動産会社では接遇研修を行うなど接客に関して一定のレベルが保たれるようにしているところがほとんどです。

不動産の購入という人生の重要なライフイベントで、接客レベルが低いと納得のいく決断ができません。

サービスの質にこだわりたい方は大手不動産会社が安心でしょう。

広告やおとり物件に振り回されずに不動産会社を選ぶ

インターネットで物件探しをしていて、よさそうな物件があると胸がときめきますよね。

その物件について早速問い合わせたところ、ついでのように購入時期や希望条件を聞かれ、気がつくと問い合わせた物件とは別の物件をすすめられることがあります。

これは「おとり物件」というやり口です。
実際には売るつもりのないいい物件をインターネットに載せ、問い合わせがあったら電話でニーズをヒアリングし、他の物件をすすめるのです。

掲載されている物件は、既に成約した物件だったり、現在は売りに出されていない物件だったりします。

当然こんなことは違法ですが、実際にはすべてを取り締まることが難しいことから、掲載されているおとり物件の数は決して少なくはありません。

おとり物件を掲載するような不動産会社は営業の仕方も強引です。

おとり物件に引っかかってまんまと不動産会社を決めてしまうことがないよう、注意しましょう。

不動産会社の担当者で見極めるのもおすすめ

不動産会社を選ぶときは、担当者との相性を決め手にするのも1つです。

担当者を見るときは、人柄・知識・熱意などさまざまな点から判断しましょう。
大切なのは、場合によっては厳しい意見も言ってくれるかどうかです。

聞き上手で穏やかな担当者だと居心地がいいものですが、いざ不動産を購入したあとに何か起きても頼りになりません。

購入前に不動産の悪い点についても誠実に教えてくれたり、こちらの希望が現実的でないときにはやんわりと指摘してくれるような担当者が理想です。

きちんとアドバイスできる担当者は、それ相応の根拠となるべき知識を身につけていることがほとんどです。
掘り下げた質問をしても、しっかり対応してくれるでしょう。

ただし、掘り下げた質問をしたときに突然意見があやふやになる担当者はやめましょう。

「この人なら」という信頼できる担当者を見つければ、不動産の購入後に困ったことが起きたときも、きっと親身にアドバイスをくれるはずです。

不動産の購入は一生に何度もあることではないので、納得感を持てる担当者を探しましょう。

まとめ

地域密着型と大手不動産会社の違い、おとり物件や担当者を見るポイントなど、不動産会社の選び方について解説しました。

いい不動産会社を選ぶことがいい物件を引き寄せることにつながるとも言われています。
人生においても重要なライフイベントである不動産購入を満足のいく結果にするためにも、不動産会社は慎重に選びましょう。

信頼できる不動産会社を見つけ、希望に合った物件に出会えるといいですね。